脱毛を断られるケース

脱毛がが受けられない場合がありますか?
私は、季節の変わり目になると軽いアトピー性皮膚炎を起こすことがあります。「医療レーザー脱毛」を受けたいと思うのですが、私のような体質の皮膚でも大丈夫でしょうか。そのほかに、治療が受けられない場合があるようでしたら教えてください。

 

 

 

悪性腫瘍(疑いのある場合も含む)のある人、HIVキャリアの人、心臓疾患や出血性疾患のある人、光感受性の強い人、妊娠中の人などは受けられません。また、肌荒れや日焼けで皮膚がひどく傷んでいる場合や色素沈着が起こっている場合は、皮膚の状態が落ち着くまで延期していただきます。アトピーのような皮膚疾患がある人は、状態によって合否の判断をします。「医療レーザー脱毛」は自己処理脱毛や電気脱毛法より刺激が少ないので、敏感肌の人にはもっとも適した脱毛法です。本来、アトピー性の肌であるか否かは、 レーザー脱毛の合否を左右するものではありません。ただ、炎症を起こしているような場合は避けていただきます。

 

 

 

ワキ毛を脱毛するとワキガもなくなりますか?
いつもシェーバーでヮキ毛の処理をしています。私にはワキガがあるので、ワキ毛がないほうが臭わないのではと思ってやっているのですが……、汗をかいたりするとやはリイヤなニオイがします。「医療レーザー脱毛」でワキ毛の脱毛をすれば、ワキガ臭もなくなるのでしょうか。

 


このページの先頭へ戻る