ワキガの原因はアポクリン汗腺?

しかし、ワキガの元凶であるアポクリン汗腺を取り除くことはできませんから、ワキガ臭を完全に断つのは不可能です。ワキガ体質の患者さんの場合、医療機関の脱毛ぞは、先に超音波によるワキガ手術でワキガの根本的治療をし、その後「医療レーザー脱毛」を行う方法をおすすめしています。ワキガ治療には、従来の方法として切除法、剪除法、皮下組織掻爬法、皮下組織削除法、皮下組織吸引法などがありましたが、どれも何らかの問題点を抱えていました。傷跡、引きつれや突っ張り、後遺症、さらに入院や通院を含む時間的な問題などなど。改善に改善を重ねてたどり着いた皮下組織吸引法においても、効果の点で満足のいくものではありませんでした。そこで研究開発されたのが、超音波振動を用いての「超音波治療法」です。超音波の持つ破砕力を皮下組織吸引法にプラスし、ワキガ治療の効果を飛躍的に高めた方法です。

 

この方法の最大の利点は、超音波がワキガの原因であるアポクリン汗腺、 エクリン汗腺、皮脂腺などの組織は破砕しても、血管や神経を傷つけないことです。超音波がきちんと識別し、間違いなく破壊すべきものだけを破砕しますので、出血もほとんどありません。そのほかにも、・複雑な手術行程が省略されたことから、短時間で行える。血管や神経を傷つけずに温存できることから、皮弁の血行が保障され、皮膚壊死が避けられる。出血がほとんどないことから、手術後の血腫形成が起こらない。したがって、圧迫固定や安静を保つ必要がない

 

 

・傷跡がほとんど残らない
・ワキ毛を残すことができるため、男性にも有用である
などの利点があります。


このページの先頭へ戻る